企業と人が出会う場所 OSAKAしごとフィールド

MENU

「カリスマキャリア相談室」お悩み相談

自己PRや志望動機がうまく書けません

環境を変えたい、自分を変えたい。
そうは思っていても、ひとりでもやもやと悩んでしまい、
なかなかアクションを起こせないことも多いもの。

働くことにまつわる悩み・迷いを、
キャリアを切り開いてきたカリスマ講師が解きほぐします。

※この記事は2022年7月に開催された「カリスマキャリア相談室」イベント内でのお悩み・回答を一部抜粋しています。

今回の相談に答えてくれたのは…

あっきゃんさん 
ストーリーテラー・UXライター

AZ創業者。東京デザインプレックス研究所 UXライティング・テキストコミュニケーション講師。Twitter開設後100日でフォロワー数2万人を達成。独特な文章術は「あっきゃん構文」と呼ばれ注目を浴びる。ストーリーテリングブランドAZを立上げ独立。2022年1月には書籍「ストーリーで語る」を出版。ストーリーテラー/UXライターとして企業のPR・ブランディングに携わる。1996年生まれ、香川県出身。

お悩み

就活中なのですが、履歴書の自己PR文や志望動機がうまく書けません。「ありきたりな内容で、あなたらしさが伝わらない」とか「志望動機から熱量が伝わらない」とよく言われてしまいます…。
自己PRに書けることは「高校時代にキャプテンをやったこと」「すぐに辞めがちだったアルバイトを、大学時代4年間同じ職場で継続して働くことができたこと」です。それらのエピソードを、どうやって自分らしい・伝わる文章にすれば良いでしょうか?

あっきゃんさんの回答

私も質問者さんと同じく、「自己PRや志望動機の書き方」に困った記憶があるので、気持ちはよく分かります…!当時、私は「文章が書けない」という悩みを抱えていたので、ネットに頼り、色々な自己PRの書き方や志望動機例を見ていました。ただ、それらを真似ると、よくある「お手本の回答」を書いているだけなので、みんなと同じような文章になってしまうんですよね。

だから、もし今の私が過去の自分にアドバイスをするなら「お手本は、一旦見るな」と言います。
熱量が伝わらない・あなたらしさが伝わらないのは、典型的な文章になっているからこそ。添削担当の方も「よく見る文章だな」と感じているから、こういうコメントを言われているのだと思います。なので、文章を書く前に「自分だけのストーリー」をもっと探してみてください。

自分だけのストーリーって、絶対にどんな人にでもあるんです。

例えば質問者さんの「キャプテンをやった」という経験。これだけなら、誰でも言える「事実」です。しかし、「なんでキャプテンをやったか」という理由は、相談者さんだけのもの。例えば「顧問からこんな言葉を頂いて、やってみようと思えた」など、その人にしかない背景が隠れているはずなので、ちゃんと「理由」を深堀りしてみることが大切です。

「アルバイトを4年間続けてきた」というのも同じで、「なんで」4年間続けてこられたのかをしっかり考えてみる。例えば「辛い環境で投げ出しそうになったけど、自分から店長に掛け合い、バイト先を働きやすい環境に変えたから4年間続けることができた」など、あなただけの理由が必ず隠れているはず。それを見つけるまで、しっかり思い出し、深く考えてから言葉にすると、自分らしい文章になると思いますよ。

ポイント

お手本は、一旦見ない。その代わり、文章を書く前に「自分だけのストーリー」を探す時間をつくりましょう。

「なんで」を深掘りしてみましょう。「事実」を裏付ける「理由」に、あなただけのストーリーが隠れているはず。

この記事は「カリスマキャリア相談室」イベント内でのお悩み・回答を一部抜粋しています。
ほかにも「仕事に関するインプットの方法」などのお悩みにも答えています。気になる方は、ぜひ本編(アーカイブ動画)をご覧ください。

OSAKAしごとフィールドとは

「働きたい」と思っているあらゆる年代の方にご利用いただける、就業支援拠点です。
大阪府が運営していることから、求職者の方へのサービスはすべて無料でご利用いただけます。

おすすめ動画

無料セミナー動画※ライブ配信・アーカイブ配信に対応しているもの

様々なゲストを招いた生き方・働き方についてのトークイベントや、就活ノウハウ・仕事について知るセミナーを配信しています。

来館サービス

下記のサービスを提供しています。

おすすめセミナー

オンライン・オフラインで様々なセミナーを開催しています。

閉じる