企業と人が出会う場所 OSAKAしごとフィールド

MENU

就活や仕事の話をする際、「セクシュアリティについてもふつうに話せたらいいのに」と思ったことはありませんか?
OSAKAしごとフィールドでは、月に1回、
LGBT等性的マイノリティの方や、LGBT等性的マイノリティかもしれないと感じている方が、
働いたり仕事探しをする上での想いなどを、ありのままで話し合い、
「自分らしく働くこと」に向かって意見交換等をできるスペースを開放しています。
みなさんが安心して参加できる環境を整えて、お待ちしております。
ぜひ気軽にいらしてくださいね!

どんなことをしているの?

意見交換
各回ごとに参加者からテーマを募り、働いたり仕事探しをする上での想い・困りごとなどの意見を交換します。話してみれば共感したり、参考になったり。自分の声が誰かの助けになるかもしれません。
過去のテーマはこちら
経験談共有
協力いただける方には、「働くこと」に関する経験を共有いただきます。経験談は匿名にて取りまとめ、コミュニティスペースに参加する方や、LGBTsについて理解を深めたい企業さんへお届けします。
経験談はこちら
外部講師等
参加するみなさんにとって参考になる経験を持つ方や、専門的な知識を持つ講師をゲストに迎えたり、LGBTsに関して理解のある企業との交流会を開催するなど、さまざまなコンテンツを考案中です。

「LGBTs コミュニティスペース for Work」のグランドルール(共通のルール)

  1. 他の人の話は最後まで聞いてから発言しましょう。
  2. 自分のセクシュアリティについて、無理に話す必要はありません。
  3. ここで聞いた話は、相手に確認してから話すようにしましょう。
  4. お住まい、勤務先など個人情報に関わることを話す際は注意しましょう。
  5. 連絡先を聞かれて、教えるか迷った時は断りましょう。
  6. 居心地が悪いなぁと感じたら、席を外しても構いません。
  7. 答えを出す場ではありません。ここで交わされる内容を参考にするかどうかは自分で判断しましょう。
  8. 個人の具体的な就職活動に関する相談は、キャリアカウンセリングをご利用ください。

※開催中、このグランドルールを全員にお渡ししています。また、参加されるみなさんのご意見をもとに更新することがございます。

Q&A

Q. いつ、どこで開催していますか?
毎月1回のペースで、OSAKAしごとフィールド内にて開催しています。
開催日時や場所の詳細は自動返信メールにてお知らせしています。
Q. 話したくないときは?
話したくないことは、無理に話す必要はありません。
話したくないとき、疲れたときは途中退室可能です。
Q. スタッフはどんな人がいますか?
20〜30代の様々なバックグラウンドを持ったスタッフがお待ちしています。
Q. 誰がいってもOK?
原則、働くことに関心のあるLGBTの方、LGBTかもしれないと感じている方が対象です。高校生や大学生などまだ働いていない方や、大阪府外にお住まいの方もご参加いただけます。なお、営業・勧誘・研究調査等スペースの趣旨・目的が異なる方の参加はご遠慮ください。
Q. 予約は必要ですか?
当日参加も可能ですが、定員があるため、事前のご予約をお願いします。
※ご利用にはOSAKAしごとフィールドへのメンバー登録(無料)が必要です。
Q. 何歳くらいの人がいますか?
OSAKAしごとフィールドはすべての方を対象とした総合就業支援拠点です。
そのため、幅広い世代の方にお越しいただいております。

今後の実施予定



経験談

別日に参加するコミュニティスペースの参加者や、LGBTsについて理解を深めたい企業さんに向けて共有する、
「働くこと」に関する経験談です。
※原文のまま掲載しているため、一部誤字・脱字があります。
 

その他の経験談を読む

協力行政機関・法人について

「LGBTs コミュニティスペース for Work」の立ち上げにご協力いただきました大阪市淀川区では、LGBT等性的マイノリティへの支援としてコミュニティスペースを月3回開催しています。
大阪市淀川区のコミュニティスペース:http://niji-yodogawa.jp/
(主催:大阪市淀川区役所 委託:虹色ダイバーシティ・QWRC共同体)

その他の取り組みについて

お問い合わせ
閉じる