企業と人が出会う場所 OSAKAしごとフィールド

MENU

動画で学ぶ
 オンライン就活

文化人類学から“あたりまえ”を疑う

松村圭一郎によるカリスマキャリア相談室

対象層
すべての方へ
閲覧にはOSAKAしごとフィールド会員登録が必要です。
情報過多と言われる時代。自分たちの「あたりまえ」はどのようにして作られるのでしょうか?文化人類学の思考法を用いて、誰もが日々の仕事や暮らしの中で感じている違和感への向き合い方、その乗り越え方を一緒に考えます。
スピーカー松村 圭一郎(岡山大学文学部・准教授)
松村 圭一郎(まつむら けいいちろう)氏
岡山大学文学部・准教授
岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。所有と分配、海外出稼ぎ、市場と国家の関係などについて研究。著書に『うしろめたさの人類学』(ミシマ社、第72回毎日出版文化賞特別賞)、『はみだしの人類学』(NHK出版)、『これからの大学』(春秋社)、『くらしのアナキズム』(ミシマ社)など、共編著に『文化人類学の思考法』(世界思想社)、『働くことの人類学』(黒鳥社)がある。

※内容は収録日時点での情報です。現在、セミナーに関して質問・コメントは募集していません。

お問い合わせ
閉じる